知っておきたい一戸建て住宅を購入する前の豆知識

世間一般的に言われている事でも事実とは違うことも結構あります。


これは一戸建て住宅を買う場合も同様のことが言えます。

それを事前に知っておくだけでもお金を無駄にせずにすみます。

ではどのような噂が事実とは異なるでしょうか。例えば、一戸建て住宅を購入するときには瑕疵があるので、お金をかけて住宅の検査をした方がいいと言うものがあります。
特にこれは中古の一戸建てでよく言われることです。
中古住宅は過去に誰か人が住んでいた場合にはどのようなメンテナンスをしたか分りません。
そのため、メンテナンスを全くしない住宅等は例えば床下にシロアリが溜まっており耐震性がかなり弱くなっている可能性があるというものです。


あるいは、建築会社自体がいい加減の建築をしているため住んでいる途中に危険が生じると言うものです。
ですが、中古住宅を購入した人でも瑕疵を問題にしてクレームを入れることは滅多にありません。
実際にそのようなことがあったとしてもかなり低い確率です。

これは、検査を実施している会社が注意を呼び掛けているだけなのに話が大きくなってしまった可能性があります。


また、会社によってはわざと大げさに宣伝しているところもあるのです。


それ以外でも外壁塗装は7年に一度は行うべきだと言うものです。


確かに塗料によっては耐用年数が7年から10年程度のものもあります。
しかし、そのような塗料は一般的には使われていないものですので、普通は13年から15年に一度ぐらいで十分です。

















関連リンク

トイレリフォームを行う時には


トイレは用を足すときには必要不可欠なものになり、毎日使用をするものになっています。ですので、より快適に使えるように整備をすることによってさらに快適に使用をすることが出来ることになります。...

一戸建ての物件探しから売買契約までの流れ


マイホームとして一戸建て物件の購入を考えているときには、不動産業者のインターネットサイトや情報誌などで物件探しを行って、気になるものが見つかったときには、現実的に見学しにいくことが理想的です。いくつかの気になる一戸建て物件が見つかって、見学した結果として、物件の絞り込みを行って購入することを決めたときには、購入申込書の提出を行います。...